« 創立100周年記念演奏会 | メイン | 各校の夏休み期間・閉鎖期間 »

2006年07月07日

エモリー大学ウィッテ教授来校

ジョージア州アトランタにあるエモリー大学法学部教授のジョン・ウィッテ教授が来校され、大学・大学院・日本ピューリタニズム学会研究大会等で講演をされた。

6月21日(水)11:00~大学チャペルにおいて開かれたSEIGフォーラムでは、「キリスト教と民主主義-過去における貢献と将来の課題」と題して講演をいただいた。

講演の第1部の主題は「世界における民主主義思想と機関の育成にキリスト教が果たした歴史的役割について」、第2部は「将来においてキリスト教と民主主義がもたらす相互のチャレンジについて」。ウィッテ教授は講演後の質疑応答にも熱心に応じてくださり、参加した学生、教員にとって大変有意義なフォーラムとなった。
当日参加者は教職員学生合わせて173名。

聖学院におけるウィッテ教授講演日程と講演題については下記の続きを読むからご覧ください。

6月21日(水)SEIGフォーラム 大学講演会
“Christianity and Democracy” – Past Contribution and Future Challenges
「キリスト教と民主主義-過去における貢献と将来の課題」

6月21日(水)大学院第1特別講義
“From Sacrament to Contract: Marriage, Religion, and Law in the Western Tradition”
「サクラメントからコントラクトへ:西洋伝統における結婚・宗教・法律」

6月22日(木)大学院第2特別講義
“From Contract to Covenant: Marriage as Contract and Covenant in Law and Theology”
「コントラクトからカヴェナントへ:法律及び神学におけるコントラクトとカヴェナントとしての結婚」

6月23日(金)・24日(土)日本ピューリタニズム学会第1回研究大会記念講演
“How to Govern a City on a Hill: Puritan Contributions to American Constitutional Law, Liberty, and Church-State Relations”
「山の上にある町をいかに統治するか-アメリカの憲法・自由・教会と国家の関係に対するピューリタンの貢献」

投稿者 admin : 2006年07月07日 14:58