« 2006年05月 | メイン | 2006年07月 »

2006年06月27日

創立100周年記念演奏会

6月27日(火)午前、午後の2回、聖学院中高講堂にて創立100周年記念演奏会が行われました。演奏は、世界の第一線で活躍するバッハ・コレギウム・ジャパンをお招きし、中高の生徒に加え、来賓、ご父兄の方々とともに素晴らしい宗教音楽を鑑賞いたしました。演奏前にはバッハ・コレギウム・ジャパン音楽監督であり、日本を代表するオルガン、チェンバロ奏者の一人でもある鈴木雅明氏(指揮)のお話を聞き、バッハの宗教作品についての解説を通してバッハ音楽の魅力と奥深さを知り、聖学院の創立100周年を記念するにふさわしい演奏会となりました。

<プログラム>
1.管弦楽組曲第2番 ロ短調BWV 1067  J.S.バッハ作曲
2.マニフィカト 二長調BWV 243  J.S.バッハ作曲

 
 
 

投稿者 admin : 16:58

2006年06月22日

香山壽夫先生 日本芸術院賞受賞祝賀

香山壽夫先生(香山壽夫建築研究所)が、聖学院大学礼拝堂・講堂の建築で第62回日本芸術院賞受賞されました。日本芸術院賞は、卓越した芸術作品や、芸術の進歩に顕著な業績があった人に贈られる賞です。「時代を超えた建築の深い精神性」「日本と西洋の伝統の独自な統合」、そして受賞対照作品である本学のチャペル建築において、「光と影、さまざまな色彩と素材を巧に使いこなしつつ生み出された、多彩でかつ統一のとれた空間」と高く評価されました。
この度の受賞を記念して、6月21日(水)本学チャペルにて「名誉学術博士学位贈呈式」「記念碑除幕式」「香山壽夫先生日本芸術院賞受賞祝賀会」が挙行されました。

→当日の式次第はこちらから(PDF)
→聖学院大学チャペル写真アルバムページ

記念碑除幕式の様子。写真中央左より、大木英夫 学校法人聖学院理事長・院長、香山壽夫先生。





投稿者 admin : 18:23

聖学院幼稚園・公開保育行われる

6月22日(木)午前10時から11時まで、聖学院幼稚園において、初めての公開保育が行われました。
これから入園を考えられている方を対象に、普段の幼稚園の保育の様子を見ていただくために開催されたものです。

当日は100名を越える参加者があり、園長のご挨拶と保育主任からのカリキュラム説明の後、年少から年長までの各クラスの様子を熱心に見学されていました。


公開保育説明会.jpg    公開保育参観.jpg

公開保育ハンドベル.jpg    公開保育園庭.jpg

    

    


投稿者 admin : 14:07

2006年06月19日

東京ドームに聖学院大学の看板

東京ドームに、聖学院大学の看板が設置されています。

 

投稿者 admin : 18:33

2006年06月17日

大学アセンブリーアワー(6月14日)

6月14日(水)アセンブリーアワー(11:00~12:30。以下AH)では、いくつかの学科で、講演会が行われました。

◆若宮啓文氏(朝日新聞論説主幹)講演
「アジアと日本~秋の総裁選に向けて~」
 <政治経済学科AH>

政治経済学科では、教授会室にて、朝日新聞社・論説主幹の若宮啓文(わかみや・よしぶみ)氏をお招きして、「アジアと日本~秋の総裁選に向けて~」と題する講演が90分、行われました。
今秋、自民党総裁選が行われるにあたり、争点となるアジア外交を中心に、その背景、歴史などをわかりやすく解説していただきました。
今回の講演は「政治学」の授業を履修する学生約100名が聴講しました。講演後も、先生を囲んだエルピスホールでの昼食で、20名強の学生たちが熱心に質問をしていました。

◆丹羽雅代氏(アジア女性資料センター)講演
「女性の人権について考えよう」
<人間福祉学科・コミュニティ政策学科AH>

7号館では人間福祉学科及びコミュニティ政策学科の学生対象に、「女性の人権について考えよう」をテーマとして、丹羽雅代氏(アジア女性資料センター)にセクシャル・ハラスメント/ドメスティック・バイオレンス/性暴力などについてを日本の歴史的背景や法律の見地から、詳しく解説していただきました。
最近問題視されているデートD.V.についてや、学生に身近な事例を挙げ、一人ひとりがコメントをしていくなど活気ある講演でした。

◆渡辺憲司氏(立教大学文学部日本文学専修教授)
 講演「『色道大鏡』の世界─破家者(バカモノ)の視座」
<日本文化学科AH>

また、日本文化学科では、現在立教大学文学部日本文学専修教授の渡辺憲司氏をお迎えし、「『色道大鏡』の世界─破家者(バカモノ)の視座」をテーマとした講演が行われました。大教室にいっぱいの学生たちが、渡辺氏の講演を熱心に聞き入っていました。

※アセンブリアワーについて
学生と教師が一体になって学ぶ全学的フォーラム。全学、学年別、学科別などで様々なプログラムが用意されます。通常、水曜日の2限(11:00~12:30)に行われます。

若宮氏の講演







丹羽氏の講演







渡辺氏の講演






投稿者 admin : 13:53

2006年06月13日

駒込キャンパス三校一園合同 花の日訪問

美しい花を咲かせてくださり、子どもたちを健やかに育ててくださる神に感謝する「花の日礼拝」が各校で行われ、礼拝後、日頃の感謝をこめて近隣の公共施設や病院、関係の教会など、子どもたちを通してたくさんのメッセージカードと花束が届けられました。
法人関係では、今年は駒込キャンパス3校1園の各校代表の子どもたちが合同で、大木理事長先生を訪問しました。少し緊張気味の子どもたちでしたが、一人ひとりしっかりと挨拶し、感謝の言葉とお花を届けました。

 

聖学院幼稚園の園児たち手作りのメッセージカード





投稿者 admin : 16:38

2006年06月08日

大学でペンテコステ野外礼拝が開かれる

6月8日の全学礼拝は北キャンパスチャペルの前のクワドラングル(中庭)で野外礼拝の形式で、多数の教職員19名・学生155名計174名が参加して行われました。

奨励はデービッド・バーガー先生(日本文化学科教授)による"The Best Gift of the Sprit"。

司式 相沢一先生(政治経済学部副チャプレン)
奏楽 清水 貴子さん

日本芸術院賞を受賞された建築家・香山壽夫先生の設計されたチャペルの前のクワドラングルでの野外礼拝はすばらしい光景です。写真をとりましたのでごらんください。(撮影 石原康男カメラマン・聖学院生涯学習センター講師)

投稿者 admin : 16:18 | コメント (0)

2006年06月01日

聖学院みどり幼稚園わかばクラススタート

 5月10日(水)、未就園児とその保護者のための「わかばクラス」がスタートしました。
毎週水曜日午前10時~11時半、親子で登園し、一緒にたくさん遊び、おやつを食べ、
歌を歌ったり、リズム遊びをしたりします。「今日の予定」をお配りし、活動の流れや
どんなめあてで行っているのかをお知らせします。

 子どもたちはおもちゃや遊具を使う時、トイレや手を洗う時に「順番」を経験し、
またおやつでもみんなで一緒にいただきますので、用意が出来るまで「少し待つ」
経験をしています。そして、おやつは保護者と「分けあって」頂くようにしています。
保護者の方々は子どもとよく遊び、手遊び、リズム遊び、絵本の読み聞かせも
よくして下さり、とても協力的でした。

 38組の親子が参加され、にぎやかなスタートとなりました。


わかば絵本2.jpg

どの絵本がいいかな?(絵本の貸し出し)


わかば親子2.jpg

子どもを遊ばせながら、保護者どうしの会話も弾みます

投稿者 admin : 11:49