« 聖学院大学シンポジウム─人生の四季 | メイン | 聖学院大学・大学院卒業礼拝 »

2006年03月08日

聖学院本部本館(旧宣教師館)歓送記念式を開催

 聖学院の歴史は、明治時代に来日したディサイプルス派の米国人宣教師たちの伝道と教育の業によって始まりました。駒込キャンパスに現存する旧宣教師館は、明治41年(1908年)頃に米国人宣教師のプレース夫妻のために建築されたもので、北区の教育委員会からも貴重な歴史的価値のある建造物として注目をされてきました。
 旧宣教師館は本学の創立以来唯一残っている建物で、長く住まわれ、また学院の本部本館として用いられてきました。2005年、女子聖学院の創立100周年を記念しての校舎建築にあたり、惜しみながらも解体が決断されました。
 先人の愛情と奉仕の気持ちのしるしであるこの旧宣教師館──その精神を記念する願いから女子聖学院の新校舎の中に旧宣教師館を偲ぶデザインの「クローソン・ホール」という名称の中規模ホールが設けられ、有意義な施設となります。
 この度下記の日程にて、聖学院本部本館(旧宣教師館)歓送記念式を開催することにいたしました。


「聖学院本部本館(旧宣教師館)歓送記念式」
女子聖学院校舎建築における
聖学院本部本館(宣教師館)解体記念式

日 時:2006年3月10日(金)11:00~
   (受付:10:45~女子聖学院礼拝堂入口)
場 所:女子聖学院敷地内聖学院本部本館(宣教師館)
    及び聖学院本部新館

第1部:11:00~11:30 礼拝[聖学院本部本館(宣教師館)]
第2部:11:45~12:45 昼食会[聖学院本部新館2階集会室]

投稿者 admin : 2006年03月08日 21:27