« 聖学院大学国際学術シンポジウム「東アジアの平和と民主主義」 | メイン | 聖学院大学シンポジウム─人生の四季 »

2006年02月10日

聖学院大学シンポジウム「キャラクターと子ども・若者」

聖学院大学シンポジウム
キャラクターと子ども・若者 ―持ち歩く現象をめぐって―


日時:2006年2月21日(火)14:00~16:00 (開場13:30)
場所:聖学院大学ヴェリタス館1階 教授会室
参加費:無料

人気キャラクターが貼りついた子ども服、ケータイにつけられた束のようなストラップ、カバンにさげられた小さなぬいぐるみ・・・子どもから若者まで、男女を問わずキャラクターをつけて歩いている人たちのなんと多いことだろう。なぜ彼等はキャラクターをつけずにはいられないのだろうか、なぜわたしはキャラクターを連れ歩くのだろうか。そもそもわたしたちにとってキャラクターとは何であり、それを身に付けておく心理とは何なのか、また、そうした現象が蔓延する社会とは?ごく身近にある現象を切り口に、現代を生きる<子ども・若者>について掘り下げて考える機会としたい。

【お問合せ・お申込み】
聖学院大学総合研究所 research@seigakuin-univ.ac.jp

●講演
 松田恵示(東京学芸大学教育学部助教授・子ども未来研究所プロジェクト長)
●パネルディスカッション
 松田恵示 (前掲)
 村山順吉(聖学院大学人間福祉学部児童学科教授・学科長・みどり幼稚園副園長)
 山田麻有美(聖学院大学人間福祉学部児童学科助教授)
●司会
 森下みさ子(聖学院大学人間福祉学部児童学科助教授)

投稿者 admin : 2006年02月10日 15:05