« 3318名の来場者で、大賑わいだった「聖学院フェアー」! | メイン | 大学シンポジウム「スピリチュアリティーとこころの援助」開催 »

2005年10月02日

公共哲学・聖学院フォーラム

公共哲学・聖学院フォーラム開催
公共哲学共働研究所/聖学院大学総合研究所

テーマ「日本における教会の意義と役割の再検討─公共する教会とは」
開催日時:9月30日~10月1日
会場:聖学院大学 エルピスホール
コーディネーター:金泰昌(公共哲学共働研究所所長)、深井智朗(聖学院大学総合研究所助教授)

9月30日、10月1日と、聖学院大学エルピスホールにて「日本における教会の意義と役割の再検討─公共する教会とは」をテーマにフォーラムが開催されました。当日のプログラムと、その様子をご報告します。
当日のプログラム(PDFファイル)

・9月30日 プログラムB後のディスカッションの様子
(写真左から:高柳俊一 上智大学名誉教授、大木英夫 学校法人聖学院理事長・院長)

・9月30日 全体風景

・10月1日 プログラムF シンポジウム「宗教の公共性-教会と社会」
発表する速水優 聖学院大学総合研究所全学教授(中央)。
左は郡司篤晃 聖学院大学大学院教授、右は藤田幸久 NPO代表・民主党代議士。

投稿者 admin : 2005年10月02日 10:30