« ジョージア州知事夫人、駒込キャンパスに来訪 | メイン | 国際シンポジウム「戦後60年─ドイツと日本」(報告) »

2005年10月25日

速水優聖学院名誉理事長がキリスト教功労賞を受賞


速水優聖学院名誉理事長(前日銀総裁)が第36回キリスト教功労賞を10月24日に受賞された。この賞は日本キリスト教文化協会(深町正信理事長)がキリスト教に貢献された方を毎年表彰するもので、今年度は他に竹中正夫氏(同志社大名誉教授)、天羽道子氏(かにた婦人の村施設長)が受賞された。過去35回の受賞者を見ても経済界からの受賞は例がなく、速水先生がいかに召命(calling)を大切にして日本のために尽力されてきたことを顕彰するものとなった。


顕彰式は10月24日午後1時から東京・銀座の教文館ウエンライト・ホールで行われた。式の中で速水先生の紹介を大木英夫理事長がされた。(この時の紹介文は近日公開予定の『聖学院大学 on the WEB』に掲載予定。

投稿者 admin : 2005年10月25日 11:04