1. HOME
  2. 幼稚園

教育方針

自覚

祈り

子ども達がイエス・キリストを通して神の救済(愛)に気づく人に成長してほしいと願います。 聖書の中の教えや話を聴くこと、そして祈ることを日々の歩みの中で大切にします。

遊びを重視した生活

子どもが主体的に活動する(遊ぶ)なかで、自立的な生活能力、対人技能、知力の発達を促します。クラス活動において、ゲーム、歌、リズム等の遊びを通じで、2ヶ国語の「ことば」を日米の保育者が指導します。活動の意図する内容によっては年齢を超えて子ども自身の興味や関心に従った参加ができるようになっています。

交流を通した成長の場

幼稚園では3才から6才までの子ども達が共に学びます。 幼児は様々な友達との関わりの中で自分という存在に気づいていきます。 また、友達に自分とは異なる個性があることを発見し、調和のとれる柔らかい心を育てます。