1. HOME
  2. 教育方針

教育方針

  1. 21世紀以降の人類の課題は、世界共同の形成です。セインツはその課題の達成のために、未来を担う子どもたちの教育をもって参加しようとしている学校です。
  2. 日本は東アジアにあってアメリカのもっとも信頼のおける同盟国です。その同盟の基礎は、自由や人権というデモクラシーの価値観の共有ということです。セインツはその基礎を教育によって与えようとしています。。
  3. 日本の教育の優秀さは、東アジアで最も多くノーベル賞受賞者を出したことによって実証されています。2002年には2人も物理と化学の分野で受賞者がでました。しかし、その基礎を造ったのは幼児教育と初等教育です。。
  4. セインツは、その種がアメリカに蒔かれ、アメリカで育った学校です。バイリンガルの教育を行っています。もし日本人がもっと英語によって発表や交流ができれば、もっと大きな国際的貢献が出来るようになります。バイリンガル教育によって日本のよいものとアメリカのよいものとを結びつけることができる国際人を育てます。。
  5. セインツは、これから発展していく東洋のことばの一つとして日本語を覚えさせたいアメリカ人家庭の子どもたちを迎えています。今後もそのような子どもたちを受け入れて、幼いころからの平和で幸福な世界共同体づくりの基礎を造ろうとしています。