聖学院アトランタ国際学校 TOPICS
 [TOPICS]

Saints News No.26


本の読み聞かせプロジェクト

英語科教師

6月上旬、英語科では、3年生、1年生、年長組の児童・園児を対象に読み聞かせプロジェクトを開始しました。一週間に一度、午後の短い時間、3年生が年下のお友達のために英語で本を読み聞かせてあげるという試みです。年下の子どものために読み聞かせをする機会を与えられることで、3年生は、日本から来た子どもも含め、音読の上達を図る一方、年長組と一年生の読む力、読むことに対する興味を高めるという二重の目的を持ったプロジェクトです。毎週3年生は、2冊の本を家に持ち帰り、読む練習をし、授業中にも教師が、感情を込めて読む読み方、はっきりと発音することなどをさらに指導します。また、教師は、本の選定に当たって、「かいじゅうたちのいるところ」など読んでもらう子がひきこまれるようなよい本を選べるよう手助けをします。一定の期間、同じペアで行うことによって友情が芽生え、お兄さんお姉さんがきてくれるのを下の子は楽しみに待つようになります。ペアを選ぶときには子ども同士の性格などを考慮して慎重に組み合わせをします。3年生も誇りと自信を持ってこのリーダー役を務めるようになり、本番のほうが練習のときよりずっと迫力をこめてかっこうよく読んでいるのを見かけて、ほほえましく思います。

最初、読み聞かせた後の日記には、「間違えるかと思って緊張した。」とか「上手に読めないかも。」といった不安が書かれていましたが、すこしすると「読んであげるのは楽しかった。」「○○ちゃんもよろこんできいてくれた。」などと書くようになりました。さて、「今度は、一年生に誰が読んであげたい?」と聞いたところ、全員が手を上げてくれたのは、このプロジェクトが成功しているよい証といえましょう。