聖学院アトランタ国際学校 TOPICS
 [TOPICS]

Saints News No.26


2004年カルチャーデーを振り返って

カルチャーデー委員

毎年セインツの園児児童が楽しみにしているカルチャーデーを楽しく終えることができました。この六月アトランタは日本の梅雨を思わせる雨模様が続きましたが、当日は好天に恵まれ夏の日差しを浴びて校庭でのアトラクションは暑さと熱気でいっぱいでした。

教職員と父母会で協力して日本の文化をセインツの子どもたちや地域の人々に楽しみつつ知ってもらおうという趣旨で、5月から準備を進めてきました。父母会委員の方は連日のようにプランを練り、当日は多くのボランティアの方の献身的な協力をいただき本当に感謝なことでした。

父母会のコーナーでは、ゲーム、クラフト、フラフープ大会などに子どもたちは歓声をあげてうれしそうに景品をもらっていました。ロビーでのバザーも去年以上の収益が上がり、壁に掲げられた児童の作品に囲まれてたくさんの方でにぎわいました。園舎での食事コーナーではカレーライスや和食弁当などが売られ、園庭の芝生の上で仲良く食事される浴衣姿の親子連れが印象的でした。

教員による、おもちゃの魚釣り、ヨーヨーつり、玉いれの各コーナーは子どもたちの小さな頭でいっぱいでした。浴衣姿の教員によるお茶席コーナーでは琴の音楽CDが流れる中、和菓子が口に運ばれる穏やかな時間が流れました。

400人を超える人たちの入場で、駐車場はいっぱいとなり少々待っていただくといううれしい光景がみられました。学校の紹介が十分にできなかったという反省点も忘れずに来年はさらに充実した、楽しいものになるよう願っています