SSL(Secure Socket Layer)について

「SSL(Secure Socket Layer)」とは、インターネット上で情報を暗号化して送受信するプロトコルのことです。通信データの暗号化と認証を行うことにより、通信の傍受と改ざんを防止します。

【ご注意】
ご使用のブラウザがSSL通信に対応していない場合、SSL対応のページがうまく開かない場合があります。

<対応ブラウザ>
Netscape Navigator2.02、Internet Explorer 3.02以上からSSLに対応しています。

対応しているブラウザを使っていれば初期状態で設定されており必要なときには自動的にSSLが使われます。
※もし、上記のバージョン以外のブラウザをご使用の場合は、誠にお手数ですがバージョンアップまたはSSL対応ブラウザへの切り替えをお願い致します。

 
<バージョン条件は満たしているのに障害が発生する場合>

「SSLを使用する」にチェックを入れ、SSLの設定を有効にします。

・ Microsoft Internet Explorer 5.0の場合
メニューから[ツール][インターネットオプション]を選択して[インターネットオプション]ウィンドウを表示。
[詳細設定]パネルの[セキュリティ]で、[SSL2.0を使用する][SSL3.0を使用する]にチェックマークを付けSSLの設定を有効にします。

・Netscape Communicator 4.7 の場合
メニューで[セキュリティ][Navigator][詳細セキュリティ(SSL)設定]を選択。
[詳細セキュリティ(SSL)設定]の中から、[SSL(Secure Sockets Layer) v2を有効にする][SSL(Secure Sockets Layer) v3 を有効にする]にチェックマークを付けSSLの設定を有効にします。

閉じる